植物のこととか


by sora-oda

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
植物のこと
お花のこと
実のこと
葉のこと
代々木のこと
震災復興のこと
ほのぼの
そのほか
ごあいさつ
未分類

以前の記事

2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月

最新の記事

このさき
at 2012-01-12 19:14
チューリップが咲く木
at 2011-12-02 22:08
美しき集合体
at 2011-11-08 17:14
サラセニア レウコフィラ
at 2011-11-06 16:13
なめくじ
at 2011-11-05 14:16

最新のトラックバック

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

サルでもわかるFX

メモ帳

外部リンク

ライフログ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

カテゴリ:植物のこと( 16 )

デザインの根本

e0237639_7313613.jpg


何億年もの間 進化を重ね 出来上がったカタチが現在の植物です

ここのところ 異常気象や温暖化が 毎日のように取りざたされていますが

その変化にも植物は 進化という方法で 生き延びようとしています




その進化は デザインの世界でも 大きく貢献しています

例えば 

空から降ってくる雨をいかに効率良く貯水するかを考えた構造

サグラダファミリアの柱

ノーブルスパークの照明なんかも有名です




人間から見ると 変わってるなぁと思える 植物の形

不思議だなぁと思える 色

一見 効率の悪そうな 構造


全部その植物が生息している地域では 完璧な程に合理的で

そのカタチしか考えられないとも言える 素晴らしいカタチなんです







そういう風に 植物を眺めていると 伝わってくる物が たくさんあります
[PR]
by sora-oda | 2011-09-22 13:30 | 植物のこと

植防

e0237639_21593043.jpg




植防=植物防疫所






海外から植物を輸入する為には たくさんの手続きをしなくてはなりません

昨日は 植防という 関空にある機関まで出向き

海外から届いた植物を検査にかけるための前の 手続きを済ませてきました

大きな箱が30箱以上

どの箱にも 特異な植物が新聞紙にくるまれています




その新聞紙を開けるたびに 今まで見た事の無い植物が 出てきます

まるで 宝箱を開けるような 感覚でした

彼らは暗い段ボールの中 出番をじっと待っています





輸入には 植物は土付きでは入れれませんから 土ははがされます

そして箱の中という事で 光も遮断されます

そんな過酷な環境で 生き抜き さらには 大きく成長していく植物の強さは

本当に感心します







僕は 観葉植物など 仕事柄 少しは詳しいのですが

世界には まだ知らぬ植物がわんさとあり

この日出てきた植物も ほとんど見た事のないものばかりでした



これだから 植物はやめられない

奥が深すぎます

何億年も前から 地球に居座ってるんですから 当たり前ですけどね
[PR]
by sora-oda | 2011-09-21 13:48 | 植物のこと

人間の想像を超える

e0237639_9113043.jpg





石割桜

この敷地は盛岡藩の家老であった北家の屋敷跡であり、庭石の割れ目に桜の種が
飛んできて芽を出し、成長とともに石の割れ目を押し広げていったものと言われている。
石は、花崗岩で周囲が21.0m、桜はエドヒガン(花色からシロヒガンともいう)で
樹齢は350年〜400年と推定される。現在幹の周囲は、4.6m、樹高11.0m、
枝張りは東西に16.0m南北に17.1mである。石の割れ目は、北側南側共に少しずつ
広がっている。
大正12年、国の天然記念物に指定され現在に至っている。

















大根がアスファルトを破って 出てきた!

竹が墓石を倒して伸びてきた!














次元が違いすぎます

推定100tはあろうかという巨大な石を割って

こんなにも大きく枝葉を伸ばし

今でも 石を押しのけ幹を太くしているなんて

すごすぎです

これを見てビックリしない人はいないです





盛岡の裁判所前にある 有名な桜です

写真やニュースでは聞いた事がありましたが

百聞は一見にしかず

まさに その通りでした

植物のチカラをまざまざと 見せつけられました (ホンマの意味でのチカラ)






奇跡の一本松しかり

人の心に 植わっている木の持つ エネルギーは 人間では作り得ない

すごいチカラを持っています

この木も 東北の人々の 心の柱です   きっと
[PR]
by sora-oda | 2011-09-18 12:02 | 植物のこと

心の柱

e0237639_2344186.jpg




全てを根こそぎ飲み込んでいった 凄まじい津波を 耐え抜いた





この松は 岩手県陸前高田市の海岸付近にある 奇跡の一本松です

この松がどれほど大きいか 下にいる人と比べると 分かると思います






大地にしっかり根を張り 直径80cmもある太い幹で 津波を耐え抜きました

この松は 被災された方々の 心の柱になっていると思います

あの松のように…   と

希望を捨てずに 頑張っておられる方々は たくさんいると思います





この奇跡の一本松は この半年間 枯らさないように試行錯誤で

処置されてきたと聞きます

しかし 松のような植木にとって 塩水は 死の水です

震災後何日も 海水漬けになって 幹の下の部分は ふやけてしまったそうです

今 上の葉は 茶色くなり

木全体も ほぼ枯れかけています

なんとか 残せればと思いますが

これほど大きな木は 何をやるにしても そう簡単には いきません





心の柱を 遠くから眺め あらためて 植物の持つチカラを 感じました
[PR]
by sora-oda | 2011-09-17 15:01 | 植物のこと

ダシリリオン・ロンギシマムという植物

e0237639_2352315.jpg


僕のお気に入りの植物の ひとつです

ダシリリオン・ロンギシマム といいます

最初は ダシシリオン か ダシリリオン か よくわかりませんでした





この写真は 東京 青山のストラマさん という 乗りに乗っている人気美容室さんの

植え込み途中の写真です




店内は アンティークが並び 雰囲気は 最高です

その中庭に このダシリリオンが ずんぐりと 立っています





ダシリリオンというのは メキシコの砂漠地域に生えている植物です

現地では 写真のように男前に刈り込まれた姿ではなく

草の塊のような 風貌で います




暑さ 寒さにも非常に強く また 格好は 洋でも和でも使えます

管理がとても楽なので これからの 庭木として注目されそうです

今までは マニア限定の植物でしたが これからは 幅広く流通させようと企んでいます
[PR]
by sora-oda | 2011-09-15 17:49 | 植物のこと

緑のチカラ

e0237639_23421110.jpg



ここのところ 大きなオリーブを搬入する事が 多いです


昨日も 樹齢でいうと 100年は優に越す

大きな物を 搬入してきました



このサイズになると 重さは1t近くあり

レッカー車で 持ち上げないと びくともしないサイズです




オリーブは古くから ヨーロッパ南部で 大切にされてきました

オリーブの実は 果肉にしてもオイルにしても 現地では必需品です

その実を採りやすくする為に 背を高くせず 横に広がるように伸ばし

低く低く樹形を 作られてきました

そのため 年月をかけて 幹はうねり 険しい表情になります

盆栽のような感じです




日本には オリーブは約100年前に初めて輸入されたそうで

国内で 日本生まれのオリーブはまだ大きいものは見当たりません



なので日本人が持つオリーブのイメージは 大木のイメージでは無いでしょう

ヒョロっとした感じが 一般的なオリーブのイメージだと

思います

花宇にある オリーブは そんなイメージとは全く違い

パッと見 御神木です 



どれも 据え置けば そこにコインが貯まるような 

ご利益がありそうな 素晴らしいものです




みんなが そのオリーブの下で わぁと見上げる姿を見て 

今日も よかったなぁと ひとりで 思っています
[PR]
by sora-oda | 2011-09-14 21:44 | 植物のこと